福山大学同窓会

同窓会本部 のニュース
前のページに戻る

令和4年12月の役員会において、第6代同窓会会長に、第5期生(建築学科、昭和60年卒業)の藤原美樹氏が就任いたしました。

就任にあたり、挨拶をいただきましたので掲載しておきます。

 

会長就任のご挨拶

令和4年度の定期総会を兼ねた令和4年度12月の役員会において選任をいただき、水田博之前会長の後任として、第6代同窓会会長に就任いたしました第5期生(建築学科、昭和60年卒業)の藤原美樹と申します。

日頃より、同窓会活動にご理解とご協力をいただきまして、誠にありがとうございます。

福山大学は、1975年に設立された大学であり、2025年には開学50周年を迎えます。

 

そして、福山大学同窓会は45年余の歴史があり、その歴史を考えますとその責務の重大さに身の引き締まる思いがいたします。

令和5年3月現在、約4万人の大きな団体です。(学部卒業生38,303人、大学院(修士)1,547人、大学院(博士)43人 総卒業生数39,893人)

 

同窓生の皆様の温かいご支援とご協力をいただき、母校と同窓会発展のため微力ではございますが一生懸命務めさせていただく所存です。

現在では、支部設立支援もおこなっており、福山支部のほか、岡山県支部、香川県支部、愛媛県支部が設立されました。また、企業内同窓会の支援も行っております。

現在は、沖縄県支部の設立準備をすすめています。

同窓会としてしっかりと地盤を固め、役割を果たすことができれば、母校の発展に少しでも寄与できると思っております。

福山大学の同窓生の皆様が、ひとりでも多く同窓会活動にご協力とご参加いただきますようお願い申し上げます。

 

令和5年4月1日

福山大学同窓会

会長 藤原 美樹